スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右と左に配置した楽器で、「空気」を表現

2016年最初の、「作曲講座」の記事ですよ。

今日は今年の、お正月用に作った曲、「越天楽(えてんらく)アレンジ ~荒ぶる七福神~」
を、作りながら気づいたことの、ご紹介ですよ。

簡単に内容をご説明すると、
「楽器をどういう風に配置すると、お客さんからすごい曲に聴こえるのか」、
という内容です。

たぶんですけど、バンドマンとか、ケイオンっぽい人から見ると、
「え? 今さら?」って言われちゃうかもですけどww

私はリアルで楽器演奏をした経験が、ないことはないんですけど、
あんまりそういうことって考えたことないから、
今初めて気づきましたww ひーーーwww

そんな知識の、ご紹介です。

最初に少しだけ、私と、「ステージ上の楽器の配置」の関係について、説明しますね。
正直にいうと、私はつい最近まで、「どの楽器をどこに配置」とかは、
全然わからなくて、
「それだったら、逆に何も考えないで作って、なるべく配置の影響がないような配置に
した方が」って、思っていました。

このブログで公開させていただいている曲も、
ほとんどモノラルでの公開で、
「いいんです! だってそれしかできないんですから! あううw」って、
思いながらの公開でした^^;

だから逆に、楽器の位置にこだわっている人を見ると、
「楽器の位置に時間を使うより、できるだけ早く演奏する方が、
お客さんに満足してもらえるんじゃないかな」って
ちょっと疑問に思ってたのは、内緒じゃよ。

でも、今回わかりました。
表現したい「曲」を、うまく表現するために、絶対に必要な、「楽器の配置」も、
きっとあるんですね。

楽器の配置を、全然考えないよりも、
楽器の配置を考えて曲を作って、その通りの配置で演奏して。
そうすることで、やっと伝えられる、「作者さんの思い」というのも、
あるんだなってわかりました。

ちょっと説明が長くなっちゃったから、ここからはサクサク^^;;;

「越天楽(えてんらく)アレンジ」を、フレさんと一緒に演奏させていただいて、
気づいたことを、まびこでお試ししてみて、わかったこと。
それを説明しますね。

(1)「越天楽(えてんらく)アレンジ」の、楽器の配置。

20160202_01.png

上の絵が、ルエリの演奏会で演奏させていただいた、「越天楽(えてんらく)アレンジ」の、
楽器の配置です。お客さんから見た配置になっています。女性ボーカルがセンターですね。
なぜこういう配置が必要なのかを、説明していきますね。

(2)ボーカル重視の曲のときは、ボーカルが前列中央
20160202_02.png

一番聞かせたいパートを、一番前列にというのは、絶対に必要ですね。
「越天楽(えてんらく)アレンジ」では、女性ボーカルさんがメインだから、
ボーカルを最前列に。
「ららら、ららら、らーらーらーー!」

(3)リズムは中央に。
20160202_03.png

音楽の三要素というのは、「メロディ」、「ハーモニー」、「リズム」。
この中でも、曲のイメージを一番強く決めるのは、「リズム」なのかもです。
だから、リズムは中央に配置です。
リズムを表現するのは、いろんな楽器で出来ますけど、
一番重要なのは、やっぱりドラムですねーー!
「どん、どん、どんどんどん! どん、どん、どんどんどん! シャーン!」

(4)次に重要なものは、ベース
20160202_04.png

ベースとリズム、どちらを重視するかは、人によると思うんですけど、
あるフレさん(LバンドのLさん)が、「一番重要なのはベース」って、
おっしゃったから、リズムよりもベースを前に。
こういう、「どれがメイン」っていうのは、人によって違うから、
色々お話をさせていただいて、いろいろ実験するのは、すごく楽しいです^^
最近私も、やっとわかってきました。「ベースが曲の雰囲気を決める」、ですね。

あ、上の絵で、ウクレレを実線で、マンドリンを破線で囲んでいますけど、
マンドリンはベースだけじゃなくて、いろいろ使っているから、
破線にしました。

(5)曲にふくらみをもたせる、「ハーモニー」
20160202_05.png

メロディーは、表現したいものをあらわすもの。
リズムは、どういう曲にしたいかを表現するもの。
それだけだと、少しさみしいから、追加するのが「ハーモニー」。
ハーモニーは、メロディーとリズムでは、表現できない「深み」を補うもの。
ちょっと物足りないなって思うところで、大活躍させるといいですね。

(6)曲の「雰囲気」を決定するもの、「空気」
20160202_06.png

今日一番、お伝えしたかったのがここですよ。「空気」を表現。
空気っていうのは、私たちの周りに、ずっとあるんですけど、
目にも見えないし、臭いもしないし。
それで全然、役にたっていないような気がするんですけど、
でも、生きていくのに一番大切なのは、「空気」ですね。

音楽も、同じなのかもです。
「メロディー」、「リズム」、「ハーモニー」、
音楽の三要素で、一番重要なこの3つを、できるだけ中央に配置した後、
その3つをサポートしてあげる、「空気」を、その両脇に配置します。
「アロマテラピーーーーー」、ですねw
上の絵では、「空間」って書いていますけど、
「空気」が集まって、「空間」を表現、って考えると、わかりやすいかも? ですね^^;;;

右と左に配置する楽器は、できるだけ目立つ、高音が得意な楽器がよくて、
右と左の楽器で、オクターブユニゾンさせるとか、和音を表現してみるとか、
いろいろ作戦を考えてみると、「ステージ全体の空気」を、操れるかもですよ。


今日はいつもの「作曲講座」の記事より、簡単だったかなって思うんですけど、
どうだったでしょうか^^;;;

伝えたいことがある人(作曲者)が、
できるだけ、自分の伝えたい想いを、伝えられるようにするのが「演奏」で、
楽器の配置も、その「想い」を伝えるための、
ひとつの、すごく重要な手段かもですね、っていうお話でした。

最後に、「越天楽アレンジ」を、ステレオで録音したものを掲載しておきますね。
FC2にはファイルの容量制限があるから、ラストの数小節だけですけど、あううw
左の方で鳴っている、けなげな感じのシロフォンと、
右の方で鳴っている、けだるい感じのエレキ。
この2つで、「空気」を表現しようとしているのを、感じ取ってみてください^^

etenraku_3D.mp3

スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりこさん

Author:みどりこさん
活動拠点:トリアナルエリサーバ
マビノギというゲームで演奏できる、MMLを掲載してます。オリジナル曲と、著作権フリーの曲のアレンジしか掲載してないですから、マビでの演奏自由です。

目標:オリジナル曲100曲掲載

みどりこさんのBBS
最新記事
最新コメント
Tree-LINK
最新トラックバック
カテゴリ
TPP (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。