スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードにチャレンジ!・その2

今日は、sus4と、dim、augにチャレンジです。
3つとも、ちょっとした機能をあらわしている言葉がくっついて、
コードの中身を、表現しているものですね。





(1)sus4(サスペンデットフォース、サスフォー)

susっていうのは、supended(吊るす)、の略だそうです。
「サスペンダー(ズボン吊り)」っていうのがあるから、これで覚えるといいですね。
これは、普通は白の鍵盤の、1番目、3番目、5番目で演奏している3音の和音のうちの、
真ん中のを、4番目に吊り上げて演奏するものですよ。

Csus4 (シーメジャー サスフォー) 間の鍵盤の数は、4、1、ですねー。

20150326_Csus4.mp3 クリックで演奏します。

なんでしょう……、暗くもないし、明るくもないし……。ちょっとした緊張感、でしょうか?
Cm、C、Csus4、の順に聴いてみて、くらべてみても面白いかもですね。やってみますね。

Cm→C→Csus4

20150326_CmCCsus4.mp3 クリックで演奏します。

1音変わっていっているだけなのに、全然違って聴こえますねー。
これが和音の、不思議な所ですね。

ついでに、C7をsus4したら、どうなるかもやってみますね。上のMMLに、4番目の音を追加です。
Cm7→C7→C7sus4

20150326_Cm7C7C7sus4.mp3 クリックで演奏します。

C7sus4の部分の、鍵盤の間隔は、4、1、2、ですねー。
これを聴いてみると、C7sus4って、ちょっとふわふわ浮いた感じですよね。

もうひとつ、ついでになんですけど、このsus4って、Csus4も、Cmsus4も、同じ和音になるんです。
どうしてかというと、CとCmの違いって、真ん中の音の高さなんですけど、
sus4は、「真ん中の音を、4番目の白鍵盤にしちゃいなさい」っていうコードだから、
CとCmの違いが、なくなっちゃうんですね。
それで、楽譜に書くときは、「Csus4」って書いても、「Cmsus4」って書いても、
どっちでもいいそうです。

あともうひとつだけ、ついでになんですけど、
ポピュラーソングによく使われるsus4のコードは、
7→7sus4、7sus4→7、みたいにつなげて、微妙な変化を表現することが多いようですよ。
今、手元にある、「オールヒット曲2015」、という本で確認してみたんですけど、
ほとんど、この法則にしたがっています。
たまに、sus4だけこっそり埋め込まれていたりしますけどねー。

長くなりましたけど、これでsus4の説明は、終わりですー。

(2)dim(ディミニッシュ)

dimは、diminish(減少する)の、略だそうですよ。
何が減少するのかというと……、よくわからなかったから、
先にMMLを入力しちゃいました^^;

Cdim(シー ディミニッシュ) 鍵盤の間隔は、2、2、2!

20150326_Cdim.mp3 クリックで演奏します。

「がーーん><」、っていう声が入りそうな音ですね^^;
使いづらそうなコードです。みんなそう思うみたいで、
「コード dim 使いどころ」で検索すると、いろいろ難しい解説が書かれています^^;

それで、何がdiminish(減少する)のかというと、
ほんとは白い鍵盤を押すはずの、上から2番目の音が、半音下がってる、ということみたいですよ。
それ以上はよくわからないから、次に進んじゃいます^^;

(3)aug (オーギュメント)

augは、augument(増大させる)の略だそうですよ。
dimとは逆で、トライアド(3和音)の、一番上の音を、半音上げるんですね。

Caug (シーメジャー オーギュメント) 鍵盤の間隔は、3、3。


20150326_Caug2.mp3 クリックで演奏します。

このコードも、sus4と同じで、C→Caug、Caug→Cみたいに、ちょっとした変化に
使うことが多いみたいです。

Caug→C→Caugを聴いてみましょう。
20150326_CaugCCaug.mp3 クリックで演奏します。
ガラスをつめでひっかいているような、嫌な感じ^^;
間に挟まれているCが、全然メジャーに聴こえないのが不思議。

マイナートライアドでも、やってみますねー。

20150326_CmaugCmCmaug.mp3 クリックで演奏します。
こっちはいい音!
と思ったんですけど、1つめと3つめの和音の、一番高い音の、
3つ上の音は、ド(C)で、これって、A♭、C、E♭の、メジャー・トライアドなんですね。
普通のメジャー→マイナー→メジャーっていう演奏になってました^^;

こういう、オクターブがあがった音で、和音を構成することを、和音の「転回」っていうそうです。
上の画像のような、転回された和音の場合は、楽譜には、
「A♭/C」(エーフラットメジャー オン シー)って書くみたいです。
「Cの上にのっかった、A♭メジャー」、っていう意味ですねー。
これもついでに、覚えておくといいですね。

まだまだ、和音には、いくつか種類があるんですけど、
今日はこの辺にしておきますね。
今日までに紹介できなかったものは、次回紹介しちゃいますね。
(あと1回では、全部紹介しきれないかもですけど……。ごくり……w)

スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりこさん

Author:みどりこさん
活動拠点:トリアナルエリサーバ
マビノギというゲームで演奏できる、MMLを掲載してます。オリジナル曲と、著作権フリーの曲のアレンジしか掲載してないですから、マビでの演奏自由です。

目標:オリジナル曲100曲掲載

みどりこさんのBBS
最新記事
最新コメント
Tree-LINK
最新トラックバック
カテゴリ
TPP (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。