スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランダムソング作っ太郎くんチュートリアル、「韓国風ソング作曲」

このブログで公開させていただいている、作曲ツール、
「ランダムソング作っ太郎くん」の、Ver.31以降を使って、
韓国風の曲を作れるようになるための、チュートリアルです。

完成品のサンプルは、こちらー。

 ※画像が大量ですから、回線が重い方は、ご注意くださいねー。
 ※この方法で作った曲は、そのままではマビでは演奏できません^^;



1. まきまびを起動して、インポートの準備をします。

最初に、まきまびを立ち上げて、インポートのための準備をします。


1つ目のパートには、リュートを設定してみます。(ピアノでもいい感じ。)


2つ目のパートを作成して、リュートに設定


3つ目のパートを作成して、大太鼓に設定



2. 自動作曲します。

ランダムソング作っ太郎くん Ver.31以降を立ち上げます。
Javascript実行関係の、セキュリティーの警告が出るかもですね。
上の方の小さなメニューから、「上級者向け手順」をクリックします。
(画像では、Ver.29になっていますけど、何かの間違いです。気づかなかったふりをしてください^^;)


「上級者向けの手順」に移動しました。
下の画像で、赤い丸で囲まれている、「韓国風」というボタンを、クリックします。


下にある、スケール設定の画面の、「トロイカの音階(ロシア)」、
「韓国メジャー」、「韓国マイナー」の、チェックがonになったことを、確認してください。


その下にある、「自動作曲」ボタンを押します。作曲開始!


クリップボードに、作曲した結果がコピーされるときに、下の画像のような、警告が出ます。
クリップボードに大事なデータがあるときは、それを処理してから、「許可する」ボタンを押してください。


結果がクリップボードにコピーされました。
「使ったスケールは」っていう所に書かれている、スケールの変更の履歴は、
「自動作曲」ボタンの下にある、「手順(3) 」という所にも、表示されますから、
メモとかは取らずに、「OK」を押しても大丈夫です。


自動作曲されたMML(メインパート)の、文字数が表示されます。
フレの希望で付けたものですけど、今は未圧縮での値ですから、あんまり意味がないかもですね^^;
「OK」ボタンを押して、次に進んでください。


「手順(5)」 という所の下にある、結果表示欄に、MMLが表示されたことを、確認してください。
たまに自動作曲がうまくいかなくて、右側(ベース楽譜)がうまく作られないことがあります。
そのときは、もう一度「自動作曲」ボタンを押してみてください。



3. 結果をまきまびに、インポートします。

まきまびの画面にもどって、下の画像の、赤い丸で囲んだボタン、「インポート」を押します。
一番左のパート(リラ)が選ばれていることを、確認しておいてください。


インポートされました!


作っ太郎くんの方にもどって、「ベース楽譜をクリップボードにコピー」ボタンを押します。
ベース楽譜が、クリップボードにコピーされます。


コピーされました!


また、まきまびに戻って、2番目のパートを選んで、インポートボタンを押します。
インポートできました!


ここでご注意です。ベース楽譜が、クリップボードにコピーされた状態で、
そのまま3番目のパート、大太鼓を選んで、インポートボタンを押します。
インポートされました!
ベース楽譜を、3番目のパート、大太鼓にそのまま使っちゃうというのが、
このチュートリアルの、一番大切な部分です。


大太鼓なのに、メロディー、和音1、和音2が、全部使われています^^;
このままだと、マビではうまく音が出ないですねー。
でもここでは、あまり気にせず、再生ボタンを押してみてください^^;;;


いい感じの、おどろおどろしい感じの曲が、できましたか?
できていたら、タイトルを考えて、セーブしておいてくださいね。
できていなかったら、「2. 自動作曲します。」に戻って、やりなおしーー。

このままだと、マビでは演奏できなくて、
(1)太鼓の調律を、打楽器のものに変更
(2)太鼓の、メロディー、和音1、和音2にわかれている音を、メロディーにいい感じに圧縮^^;
この2つを、やらないとです。
でも、(1)は最近実装された、チューナーを使えば大丈夫ですね。
あと、(2)は、まきまびに慣れている方だったら、そんなに難しくないかもですね^^;

色々作曲してみて、聴いてみて、思ったんですけど、「ランダムソング作っ太郎くん」は、
もしかしたら、韓国風の曲と、すごく相性がいいのかもです。

あと、韓国風にするのには、打楽器(大太鼓)がすごく重要ですね。
もしかしたら、アフリカンミュージック(音楽の原点)とも、似たような所があるのかもですね。
ロシア音階とか、今回韓国スケールをサンプリングした、韓国の「I AM THE BEST」っていう曲が、
ヨナ抜き音階(和風音階)とすごく似ているのも、聴いていて、ちょっと懐かしい感じがする理由かもですよ。

作っ太郎くんで自動作曲した韓国風ソングを、アレンジするとしたら、
楽器を変えてみるとか、ボーカルを入れてみるとか、オーケストラ風にしてみるとか、
いろいろ楽しめそうです^^
(ジャズアレンジはむずかしそうです、あううw)
スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりこさん

Author:みどりこさん
活動拠点:トリアナルエリサーバ
マビノギというゲームで演奏できる、MMLを掲載してます。オリジナル曲と、著作権フリーの曲のアレンジしか掲載してないですから、マビでの演奏自由です。

目標:オリジナル曲100曲掲載

みどりこさんのBBS
最新記事
最新コメント
Tree-LINK
最新トラックバック
カテゴリ
TPP (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。