スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾き語りお芝居「迷宮のアラクネ」、第五話(最終話)・解呪

弾き語りお芝居、「迷宮のアラクネ」の、第五話です。
マビノギで弾き語りするときは、「迷宮のアラクネ」用、コピペツールを使うと便利ですよ。

BGM (1)「迷宮のアラクネ・ヌエルカンド(アラクネ用に音量調整)」作曲・アレンジ:みどりこさん
   (2)「管ビブからの~(アラクネ用ショートバージョン)」作曲・アレンジ:謎の楽師さん、ショートバージョンアレンジ:みどりこさん


「迷宮のアラクネ 最終章・解呪」
自分の胸に剣を刺したニールを、アテナは静かに、冷たい目で見下ろしています。
(アテナ様、その人を助けてあげて!)小グモが叫びます。
女神アテナが小グモを、にらみつけました。
(アテナ様……)小グモは、ぶるぶる震えています。
アテナの顔から、ふっと険しさが消えました。アテナは目を閉じました。
(心配するな)
その瞬間、ものすごい光と風圧が、あたりを包みました。
ニールとアラクネが気付くと、二人は村の広場に倒れていました。
「アラクネ……、元の姿に戻ってる!」
「ニール……、ありがとう><」
アラクネの肩に、さっきの小グモが乗っていましたが、
地面にぴょんと飛び降りると、
アラクネに一生懸命手をふったあと、草かげに走っていきました。
「小グモさん、ありがとう!」
■◎迷宮のアラクネ・弾き語り版
■  監督・アレンジ:ahpahさん
■  脚本・音楽:みどりこさん、謎の楽師さん
■  応援:全サバのみなさん
「迷宮のアラクネ・エピローグ」
誰もいなくなった、オリーブの森の宮殿で、女神アテナはソファに深く腰掛け、
星々と三日月の光る、夜の空を見上げました。
「パラスよ……、さっき小グモの向こうに一瞬見えたのは、お前だったのか?」
「だとしたら……、もう一度、会いたいものだ」
女神はそう言って、深く目を閉じました。
(「迷宮のアラクネ」おわり)


裏話:
第一話、第二話のBGMと、同じくらい悩んだのが、この最終話の曲です。
結局、アラクネ専用の曲は作れなくて、ずっと前に作ってあった2曲の中から、
このブログでも発表済みの、「ヌエルカンド」を選びました^^;

ゆるゆる演奏会で、初公演したときには、エピローグの部分に、
謎の楽師さんの曲が入っていたんですけど、無断で入れたものですから、
了承がいただけるまで、ここに掲載はしないことにしますね。


エピローグには、謎の楽師さんの曲の前半部分を使わせていただきました。
すごく完成度が高い曲で、ここに使わせていただくのは、もったいないーって思ったんですけど、
複雑な女神アテナの心を、うまく表現できるのはこの曲しかないーって、私の独断で決めちゃいました。
ショート版にしたのは、エピローグの長さの都合上ですけど、これももったいなかったですね、あうう^^;


お話の結末は、二人でいろいろ悩みましたけど、二人の意見を同時に解決するために、
エピローグを追加するっていう案で、落ち着きました。

組曲とか考えずに作っていた曲を、妥協しないで考えていったら、
最終的に、こんな組曲になっちゃいましたっていう体験を、みなさんに知っていただきたくて、
「裏話」として書かせていただきました。
「曲としては完成したんだけど、もうこれ以上、いじれないんだけど、でもなんとなく、もやもや」
っていう時には、もしかしたらその曲が、組曲になりたがってるのかもって、
もう少し悩んでみると、いいかもですよ^^;;;

曲名: 「迷宮のアラクネ・ヌエルカンド(アラクネ用に音量調整)」
パート1 - Rank: 6 (695, 414, 168)
クリップボードにコピー



スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりこさん

Author:みどりこさん
活動拠点:トリアナルエリサーバ
マビノギというゲームで演奏できる、MMLを掲載してます。オリジナル曲と、著作権フリーの曲のアレンジしか掲載してないですから、マビでの演奏自由です。

目標:オリジナル曲100曲掲載

みどりこさんのBBS
最新記事
最新コメント
Tree-LINK
最新トラックバック
カテゴリ
TPP (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。