スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まきまびしーく講座3 「拍子の設定」

まきまびしーく講座3  「拍子の設定」 拍子について、理解しておきましょう。
まきまびしーくを、一番最初に立ち上げたときや、曲の「新規作成」を選んだとき、下の画像のように、「ドキュメント設定」っていう窓が、開きますね。「情報」の所の、「Title」は、曲のタイトル、「Auther」は、作曲者の名前を入れればOKなんですけど、「拍子」を決めるのには、ちょっとコツがあります。今回は、そこを説明しますね。


最初に、音楽が苦手な人のために、「拍子ってなに?」っていうのを、説明します。

前に、マビノギでやっている演奏会で、説明させていただいたんですけど、ある曲が、どういう雰囲気に聞こえるかを、私は「フィーリング」って呼んでいます。→MML勉強会の、「ビート」と「フィーリング」

「フィーリング」を決めるための要素は、色々あるんですけど、その一つに、「ビート」っていうのがあります。ビートっていうのは、「心臓の鼓動」、みたいなものって、MML勉強会で、説明しましたね。ビートが、どういうふうに「フィーリング」を決めるのかを、簡単に説明しちゃうと、次のようになります。重要なので、よく理解しておいてほしいです。でも、あとで一つ一つ、詳しく説明しますから、最初は理解せずに、さらっと読み流してくださって、かまいません。

(b-1)ビート(1拍)が速いと、あわただしい感じに聞こえます。ビートが遅いと、落ち着いた感じに聞こえます。
(b-2)ビートが何個か集まって、1つの「小節」、1小節(いっしょうせつ)になります。
(b-3)「一小節」が、奇数個のビートでできていると、「不安定な印象の曲」、偶数個のビートでできていると、「安定した感じの曲」になります。
(b-4)「ドキュメント設定」の窓の、「拍子」のうちの、右側の数字で、「どの音符でビートをきざむか」を指定します。
(b-5)「ドキュメント設定」の窓の、「拍子」のうちの、左側の数字で、「一小節の中に、何個ビートを入れるか」を指定します。
(b-6)「ドキュメント設定」で、拍子をちゃんと設定しておくと、頭の中にある曲を、音符にしていくときに、どこに置けばいいのかを、判断しやすくなります。まきまびしーくの、「メトロノーム」の機能も、使いやすくなります。
(b-7)「何分の何拍子」っていう指定は、原曲の、楽譜の通りに指定する必要は、ないです。算数の、「分数」と同じ考え方で、色々変えることができます。例えば、3/4拍子は、6/8拍子、12/16拍子、24/32拍子の、どれで指定しても、曲の印象とか、MMLの文字数などは、変わりません。ただ、まきまびしーくでは、拍子の設定で、補助線の見え方が変わりますから、音符の入力のしやすさは、少し変わるかもです。
(b-9)これは上級者向けの情報ですけど、テンポ(T)と、拍子の指定の右側の数字をうまく変えると、MMLの文字数を、減らせることがあります。わかりやすく言うと、「スピードをあげるときは、なるべく音符を細かくするんじゃなくて、テンポを使いましょう」っていうことです。これは、文字数に制限がある、マビノギMML専用のテクニックですね。

(b-1)から、(b-9)まで、簡単に説明していきますね。上から順番に説明すると、わかりずらくなる部分もあるから、なるべく簡単なもの、理解しやすいものから、説明していきます。

1.「拍子」を設定すると、まきまびしーくの動きがどう変わるかを、簡単に説明します。
 (b-2)、(b-4)、(b-5)、(b-7)の説明です。

次の画像は、4/4拍子って指定したときの動きです。濃い縦線と、濃い縦線の間が、一小節です。その間に、薄い線(補助線)がひかれてますね。濃い縦線や、補助線で区切られた部分が、1ビート(1拍)になります。2本の濃い線の間には、補助線でくぎられた、4つの部分がありますから、4ビート。1ビートに、4分音符1個おかれてますから、設定は「4/4拍子」、ですね。


次の画像は、8/8拍子って指定したときのものです。上の画像と比べてみてください。補助線の数が、増えてますね。4/4拍子でも、8/8拍子でも、一拍の長さ(おける音符の長さ)は、変わらないですけど、細かい音が多い曲を作るときは、8/8拍子にして、補助線を増やした方が、場所がわかりやすくなりますね。


次の画像は、ひとつ上の画像と同じ、8/8拍子の設定なんですけど、そこに16分音符を置くと、どうなるかをやってみました。1小節の中に、16個の16分音符が置かれてますね。「8/8拍子」に設定したからといって、16分音符を使っちゃだめっていうことではないんですけど、補助線と、おける音の長さとが、違ってますから、少し場所がわかりづらくなります。下の例だと、まだなんとかなりそうですけど、「4/4拍子」とかに設定して、「64分音符」を置こうとしたりすると、すごく大変になります。


逆に、あんまり補助線を細かくしすぎても、見づらいですね。下の画像は、32/32拍子に設定して、4分音符を1個、置いてみたものです。「拍子」の設定は、こんな感じで、見やすさ、入力しやすさを考えて、設定しておかないとです。設定は、曲を作りながらでも、変えられますから、見づらいと思ったときに、変えちゃってもいいですね。途中で変更したくなったときは、上の方のメニューから、「ファイル」、「ドキュメント設定」を選ぶと、自由に変えることができます。


2.メトロノームを使ってみましょう。
 (b-6)の説明です。
次に、メトロノームを使ってみます。下の画像のように、まきまびしーくの上の方にある、メトロノームの絵を、押しておきます。そのあと、左上の方にある、「最初から再生」ボタンを、おしてみてください。「ちたたたたた!」っていう、メトロノームの音が、聞こえるようになったと思いますw このメトロノームの音は、拍子の設定で、自動的に変わりますから、「ファイル」、「ドキュメント設定」で、色々設定を変えてみながら、試してみてください。


メトロノームをうまく使うと、タイミングが複雑な曲をつくるときに、便利です。でも、私はベースを先に入力して、タイミングはベースを基準にして、試行錯誤して決めますから、あまりメトロノームは使ってないです。

3.「ビートが奇数個」の曲と、「ビートが偶数個」の曲の印象
 (b-3)の説明です。
これは、一般的な知識かどうか、わからないんですけど、一拍の中にビートが3つある曲に、私は不安定な印象を感じます。もうちょっと詳しくいうと、「ちゃんとした終わりがなくて、まだ、あとに続く感じ」、です。

サンプルで、曲を作ってみました。練習もかねて、これを入力して、聴いてみてください。入力する音符の長さは、右上の方の音符ボタンとかで、選んでから入力してもいいですけど、入力するときに、マウスの左ボタンを押しっぱなしにして、マウスを左右に動かすと、音符の長さを調整できます。この方法は、今度もっと詳しく説明しますけど、使うと楽なので、覚えておくといいです。マウスの左ボタンを押しっぱなしでマウスを上下に動かすと、音程の調整もできます。これもすごく便利ですね。はやめに覚えておきましょう^^

拍子は「3/4拍子」に設定しました。曲の全体を、画面ないにおさめるのに、上のメニューから、「表示」の「縮小」を使ってます。メトロノームの設定を、onにしたりoffにしたりして、聴き比べてみてもいいですね。

入力し終わったら、「はじめから再生」を押して、聴いてみます。どうですか? 不安定ですよねwww
「曲の感じがそういう、悲しそうな感じだからでしょ?」って、思う方もいると思います。それもあるんですけど、3/4拍子には、そういう、悲しい曲が、さびしい感じの曲が、すごく似合います。

次に、「ビートが偶数個」の曲のサンプルです。さっき入力した曲を保存しておきたい人は、「ファイル」の「名前をつけて保存」で、保存しておいてください。

入力できましたか?できたら、メトロノームをonにしたりoffにしたりしながら、再生してみてください。ほとんどメロディーラインは同じなのに、さっきの曲より、安定して聞こえませんか? そのかわり、ちょっともっさりした感じになって、悲しさがちょっと薄れた気がしませんか?こんな感じで、同じメロディーラインでも、3/4拍子にしたり、4/4拍子にしたりすることで、少し印象が変わってきたりします。いろいろためして、研究してみるといいと思います^^

今回の説明は、ここまでです。(b-1)は、説明しなくても、雰囲気はわかると思いますので、省略しました。(b-9)は、説明が長くなりそうなので、省略しました。

次回は、「まきまびしーく・簡単操縦マニュアル」ですw
自動車を運転するのに、最低でも、「動かす方法」、「まがる方法」、「とまる方法」を、知ってないといけないのと同じで、まきまびしーくを使いこなせるようになる前に、覚えておかないといけない、必要な最低限の知識が、きっとあるはずですね。それを整理しておくことにしますね、
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりこさん

Author:みどりこさん
活動拠点:トリアナルエリサーバ
マビノギというゲームで演奏できる、MMLを掲載してます。オリジナル曲と、著作権フリーの曲のアレンジしか掲載してないですから、マビでの演奏自由です。

目標:オリジナル曲100曲掲載

みどりこさんのBBS
最新記事
最新コメント
Tree-LINK
最新トラックバック
カテゴリ
TPP (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。