スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まきまびしーく講座2 「はじめてのドレミ」

まきまびしーく講座2 「はじめてのドレミ」。適当にデータを入力して、保存、読み込みします。
講座1で、インストールと設定を終えてから、読んでください。
インストールと設定が終わった状態だと、まきまびしーくを立ち上げると、「ドキュメント設定」っていう窓が開いて、何かを入力しろって言ってくるんですけど、ここでは、何も考えずに、OKを押してください。


ちょっとだけ説明しておくと、「Title」っていうのは、曲のタイトル、「Auther」っていのは、そのデータを作った人の名前なんですけど、マビノギで楽譜を作って、遊ぶだけなら、ここでちゃんと入力しないでも、全然かまわないんです。

その左下の、「拍子」っていうのは、すごく重要なんですけど、音楽に慣れてる人は、説明しなくてもわかるし、慣れてない人には、長い説明が必要になるから、ここでは省きますね。「拍子」については、近いうちに説明したいと思います。

「OK」を押したら、次のような画面になります。何も入力されていない、まっさらの状態ですね。


それで、ここから音符を入力して、音を出すんですけど、最初に、音の長さを決めないといけないです。音の長さは、下の画像で、赤で囲っている部分で、選べます。「16分音符」って書かれてる部分でも、その右の、音符の絵が描かれている部分でも、どっちでも同じように選べます。私は、いつも音符の絵で選んでいます。


音符を選んだら、鍵盤のを適当にクリックしてくださいww
クリックした位置に、音が置かれます。ただクリックするだけでも、何か気づくことがあるかもですから、5分くらい、クリックして遊んでみてくださいw


5分もクリックしてると、飽きてきますよねw
飽きてきたら、入力した音符で、演奏してみましょう。下の画像の、「再生ボタン」を押すと、演奏させることができます。適当にクリックしただけですから、きっとメチャクチャな音ですよねw


ここで、画面のみかたについて、説明しておきますね。画面の横軸(X軸)が、時間になっています。再生ボタンを押すと、カーソル(青い線)が、ゆっくり左から右に、動いていきますね。その青い線が重なっている、赤いバーが、「今再生されている音」です。縦軸(Y軸)は、音の高さをあらわしています。下の方にある、赤いバーほど、低い音になります。上の方にある、赤いバーほど、高い音になります。


もう少し詳しく説明しますね。下の図の、青い線が、「カーソル」です。「再生ボタン」を押すと、この線が、左から右に、ゆっくり移動します。今、赤い丸で囲った部分に、音符のデータが一つ、ありますね。それが、青い線(カーソル)と、重なっています。その、「今青い線と重なっている、赤いバー」が、今演奏されている音、っていうことになります。


音を再生したり、とめたりするのには、下の画像で赤で囲っている、6つのボタンを使います。左から説明すると、「一つ前のマーカーにジャンプ」、「カーソルがある位置から再生」、「カーソルを今ある位置で停止」、「次のマーカーにジャンプ」、「カーソルを曲の先頭に」、「停止」ってなるんですけど、マーカーについては、まだ知らなくてもいいです。「左から2番目の、右向きの三角形で、今カーソルがある位置から再生」、「そのひとつ右にある、二本の縦線で、一時停止」、の2つだけ覚えておけば、少し不便かもですけど、なんとか使えると思います^^;


ひととおり遊んだら、ゴミのような音は削除して、きれいにしちゃいましょうw
左上にある、白い紙のような絵をクリックすると、「新規作成」になって、
入力した音のデータを、全部消しちゃうことができます。


白い紙をクリックすると、次の画像のようになります。適当に入力しただけの、ゴミのようなデータですから、きえちゃてもいいですよねww 「保存しますか」っていう質問に、「いいえ」をクリックします。


そろそろ、ちゃんとした「音楽」を入力したいですよね。
ここからは、「ドレミファソラシド」を入力して、保存する方法を、説明します。

さっき、「縦軸(Y軸)は、音の高さを表します」って、説明しましたけど、もっと詳しくいうと、
 左端にある、鍵盤の右に書かれている文字が、「オクターブ」を表します。


「オクターブ」って言っちゃうと、音楽に慣れてない人には、難しいと思いますけど、「オクターブ5のドは、オクターブの4のドの、一つ上のド」、くらいに理解しておけば、OKです。「一つ上とか、一つ下とかって、どういうこと?」っていうのは、すごく難しい話になります。だから、今は、「オクターブがひとつ上がると、高い音になる」、「オクターブが下がると、低い音になる」って、覚えてください。

それで……、やっと今日の本題に入るんですけど、下の画像が、「ドレミファソラシド」になります。
赤いバーがのっかっている線には、白いめの線と、ちょっと暗いめの線があるのが、わかると思います。白いめの線は、ピアノの鍵盤でいうと、白の部分、ちょっと暗いめの線は、ピアノの鍵盤でいうと、黒い部分になります。ピアノで「ドレミファソラシド」を演奏するには、白い部分を左から右へ、順に押していけばいいっていうのは、ご存じでしょうか^^; まきまびしーくでは、それが、下から上に順に、白いめの線を、選んでクリックしていくことになります。下の画像と同じものができるまで、がんばってみてください^^;;


上の画像と同じものが入力できたら、再生してみてください。右向きの三角形、「再生ボタン」を押します。


ちゃんと「ドレミ」が演奏されたでしょうか。

演奏が終わったら、青い線(カーソル)は、下の画像のように、高いドの右側まで、移動していると思います。曲(ドレミ)の演奏が終わって、その位置で、演奏が終了したっていうことですね。


ここで、「もう一回ドレミを再生する方法」を、説明しますね。方法は、3つあるんですけど、そのうちの1つは、下の画像で、赤で囲っている部分(はじめから再生)を、押すことです。


もう一つは、カーソル(青い線)を、演奏したいところに持っていてから、再生する方法です。下の画像の、赤い丸で囲った部分をクリックすると、青い線(カーソル)が、そこに移動します。そこで、右向きの三角形を押すと、そのカーソルがある位置から、演奏させることができます。


ちゃんと「ドレミ」が演奏できたら、そのデータを保存します。左上の方にある、「ファイル」を選んで、「名前をつけて保存」を選びます。


ファイル名を入力する画面が出ます。「はじめてのドレミ」って入力します。



右下の方にある、「保存」というボタンで、保存できます。


保存すると、左上に表示されていた、nonameが、「はじめてのドレミ」に変わります。左上にある、「ファイル」の、「開く」を選びます。


さっき保存した、「はじめてのドレミ」を選びます。


これで、作曲した曲を、保存したり、読みだしたりする準備ができました!

ちょっとこれだけだとさびしいから、曲のテンポや、音量を調整する方法を、絵で説明しておきますね。





あと、「好きなところから演奏を開始する方法」の、3つめを説明しておきます。
下の画像の、赤い丸で囲った部分は、シングルクリックだと、青いカーソルがそこに移動するだけですけど、ダブルクリックすると、カーソルがそこに移動したあと、そこから演奏もはじまります。これを知ってるのと、知ってないのでは、作曲の効率が、全然違いますから、ちゃんと覚えておきたいですね。


これで、まきまびしーく講座2は、終了です。
まきまびしーく講座3では、どういうことを扱うかは未定なんですけど、「少しでも早く、みんながまきまびしーくを使いこなせるように!」って、考えておきますから、楽しみにしててください^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりこさん

Author:みどりこさん
活動拠点:トリアナルエリサーバ
マビノギというゲームで演奏できる、MMLを掲載してます。オリジナル曲と、著作権フリーの曲のアレンジしか掲載してないですから、マビでの演奏自由です。

目標:オリジナル曲100曲掲載

みどりこさんのBBS
最新記事
最新コメント
Tree-LINK
最新トラックバック
カテゴリ
TPP (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。