スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マビノギMML用 自動作曲ツール「ランダムソング作っ太郎くん」 ver. 0.00.00.00.11

マビノギMML用 自動作曲ツールを、 ver. 0.00.00.00.11に更新しました。

マビノギMML用 自動作曲ツール ver. 0.00.00.00.11

リズム選択で、「(3m:****にむか、(7m:てはしるーーー、……」、を
選んで作曲しないと、ver. 0.00.00.00.10とまったく同じ動作になります。

ver.0.00.00.00.09で仮実装した、コードの入力ですけど、
「ルート(根音)をランダム」で作曲してしまうと、
ハーモニーがおかしくなっちゃいますね。
それを解決するために、ダイアトニックコードの、
I,II,III……、っていう指定で、コードを指定できるようにしました。

ダイアトニックコードには、メジャースケール用と、マイナースケール用があって、
メジャースケール用を、1,2,3,4,5,6,7、で指定、
マイナースケール用を、1m,2m,3m,4m,5m,6m,7m、で指定するようにしました。

例えば、ルートを「C(ド)」だとすると、
I(1)は、C(ド、ミ、ソ)になります。
Iのマイナー(1m)だと、Cm(ド、ミ♭、ソ)になります。
1(C)と1m(Cm)は、アルペジオで表現してるだけですから、
変えてみても、違いはそんなにわからないと思います、けど、
こういうところが、曲の雰囲気(パフューム)を出すのに、重要なんですねー。

サンプルとして、「フフフン・フフフン」のコード進行を、
ダイアトニックの指定方法で、入れておきました。

あとは、「トニック、ドミナント、サブドミナント」の考え方を使って、
コード進行も、ランダムでいい感じに作るようにできたら、
わざわざ自分で、リズム欄に入力する必要もなくなって、作曲も楽ですね。
でも、「トニック、ドミナント、サブドミナント」のルールを、守りすぎてしてしまうと、
曲の感じが限定されてしまいそうで、ちょっと不安^^;
こういうのを、自然に作れてしまう人間って、すごいなって思います。
(今回、サンプルとしてリズムを作ってみた、「フフフン・フフフン」にも、
ちょっとフリーダムな部分があってびっくりしました)

それが終わったら、もしかしたら、リズム(歌詞)にランダムで、
「ノイズ」を入れる機能をつけてみるかもです。
スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりこさん

Author:みどりこさん
活動拠点:トリアナルエリサーバ
マビノギというゲームで演奏できる、MMLを掲載してます。オリジナル曲と、著作権フリーの曲のアレンジしか掲載してないですから、マビでの演奏自由です。

目標:オリジナル曲100曲掲載

みどりこさんのBBS
最新記事
最新コメント
Tree-LINK
最新トラックバック
カテゴリ
TPP (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。