スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まきまびが起動できない問題の対処法と、古いDLSファイルの入手方法

ご注意!
この記事の情報は、古くなってて今では使えないかもしれません。
最新の情報は、↓こちらの記事でご確認くださいねー。
 まきまびしーく延命プロジェクト、最新情報


9月12日の、マビノギのアップデートから、まきまびしーくが起動しなくなって、
困っている人が、きっと多いですよね><

私のブログでは、その辺はスルーして、なんとかうまく、新しいDLSファイルで
実装された音(ピアノとかコーラス)を、まきまびしーくで出せないか、
ずっと試してたんですけど、これ以上被害が広がらないうちに、
まきまびしーくが起動できない問題の対処を、ちゃんとを書いておきますねー。

最初に、なぜ9/12のマビノギアップデートで、まきまびしーくがうまく
起動できなくなったかの、説明をしますね。下の絵をご覧ください。

まきまびでは、マビノギインストールフォルダーの、mp3\MSXspirit.DLSっていう
ファイルを読み込んで、マビノギの音源で音を出してるんですけど、
9/12のアップデートで更新されたDLSには、「サウンドフォント」っていうデータが、
大量に入っています。「サウンドフォント」っていうもの自体は、アップデート前の
DLSにも使われてたって、確認できてますから、「データの量が増えたことが、
まきまびの起動がうまくできなくなった原因かも」
ですねー。

どうやれば、まきまびしーくをうまく起動できて、以前同様の音で、
作曲できるかは、下の図で説明しますね。



マビノギインストールフォルダーの、DLSファイルを変更することはできないから、
まきまびしーくから、そこを見るのはやめて、別の場所にDLSファイルをコピーしておいて、
そこを設定してやれば、マビノギもまきまびしーくも、うまく起動できます。

でも、問題は、上の方法は、マビノギのインストールフォルダーに、まだアップデート前の
mp3\MSXspirit.DLSが残ってないと、使えない方法ですね。
もしもう、アップデートしちゃってたら、
(1)マビノギを一回アンインストール
(2)公式から、クライアントのインストーラーをダウンロードして、インストール。
  (まだアップデートはかけない)
(3)インストールフォルダーの、mp3\MSXspirit.DLSを、別の場所にコピー。
  上の図の、「まきまび用DLSファイル」、ですねー。
(4)マビノギクライアントを、アップデート。

起動ができなくなったまきまびしーくは、mmSeq.exeが入っているフォルダーの中の、
mmSeq.iniっていうファイルを削除すると、うまく起動できると思います。
起動したら、「まきまび用DLSファイル」を指定して、まきまびしーく再起動、ですねー。

再起動しても、うまくマビノギ音源の音が出ないこともあって、
そういうときは、mmSeq.exeを上書きしちゃえば、うまく音が出るようになることがあります。
エレキとかの改造をかけておいたmmSeq.exeを、もし別の場所に保存してあったら、
それで上書き、保存してなかったら、公式から、β最新版をダウンロードしなおして、
その中にある、mmSeq.exeで上書き、で、うまくいくかもです。
エレキの改造は、やり直さないとですけど、音が出ないことに比べたら、
小さな問題ですよね><

下の図では、私がどんな感じで、DLSのバックアップをとってるかをご覧いただけます。

ハードディスク(Dドライブ)に、「mabinogi_DLS」っていうフォルダーを作ってあって、
上の図は、その中身です。大切なDLSファイルは、ちゃんとわかりやすいフォルダー名を
作って、そこに入れておかないとですね。

設定は、下の図のような感じですねー。「mabinogi_DLS」フォルダーにいれてある、
2013年9月12日にコピーしておいた、DLSファイルを指定ですね。



ご注意!

ここまでの説明だけでも、マビノギの利用規約に抵触するかどうか、
グレー(ギリギリ)なんですけど、ここからの説明は、もっと濃いグレーになります。
どうしても、これまでの音源で、まきまびしーくが使いたい、でも古いDLSを手に
入れるためだけに、再インストールは面倒だし、できないーっていう人のための、荒業になりますw
実際にこの方法を使うかどうかは、自己判断でお願いしますねー。

1.以前ダウンロードしておいた、マビノギのクライアントインストーラーが、
どこかに残ってないか、探します。ありました!(2010年9月に落としたものでしたw)


2.もしどこにも残ってなかったら、今のうちにダウンロード!

ネクソン公式だと、ここですね。
  

ハンゲーム版マビノギだと、ここから落とせます。
  

まだ、古いDLSがゲットできるか確認するために、
さっき、ハンゲーム版をダウンロードしてみました。
このあとで説明する方法で、中身を覗いてみたんですけど、
まだ2013年の1月に作られたDLSのままでした。
これまでと同じ環境で、まきまびしーくを使いたい方が、古
いDLSをゲットするには、今がチャンスかもですねー。

ご注意!

ここからは、さらに怪しい説明になりますよ。
くれぐれも、自己責任でお願いしますね。
「ふーん、こんなこともできるんだ」、程度のご参考で^^;;;

3.「インストーラーなどのexeファイルから、ファイルを抽出するソフト」をインストールします。

色々調べてみたんですけど、vectorとかのサイトには、掲載されているものがなくて、
比較的安全そうなものを、消去法で選んだら、下の図のページでダウンロードできる、
「Universal Extractor」っていうソフトに、行きつきました。
このソフトを私が推奨するわけじゃありませんから、他にいいソフトないか、
色々調べてみるといいかもです。


簡単に、インストールの説明も書いときますね。
「Universal Extractor」の、インストーラーを起動したところです。


インストール時に、いろいろ聞かれるんですけど、変更しないといけないのは、
使用言語を「Japanese」にするところと、


「送る」にショートカットを作成、にチェックするところくらいみたいです。
これをチェックしておくと、exeファイルを右クリックで、
「Universal Extractor」を起動するメニューが開くみたいですよ。
私は使わなかったですけど、便利そうな機能ですねー。


インストール完了!


スタートメニューから、「Universal Extractor」を起動すると……、


こんな窓が開きました。ここで、


解凍したい書庫(今回は、マビノギクライアントのインストーラー)と、
解凍したい場所を選びます。


「OK」を押すと、ファイルの抽出が始まります……。ゴクリ……。


全部解凍しちゃってもいいんですけど、目的はDLSファイルだけですから、
解凍中のフォルダーをチラ、チラって見て、mp3っていうフォルダーの下に、
MSXspirit.DLSが出現したら、解凍はキャンセルしちゃってもいいですね。


解凍中の黒い窓の、右上の「X」を押すと、キャンセルできます。


抽出できた、MSXspirit.DLSの、更新日付を確認します。
2013年1月24日。これだとうまく、まきまびしーくで読めるでしょうか。(読めましたw)


ゲットできたDLSファイルを、
この記事の上の方で、ちらっとご紹介した、「まきまび用DLSファイル」に、
わかりやすいフォルダー名をつけて、保存しておきます。


まきまびしーくを立ち上げて、今「まきまび用DLSファイル」に保存したDLSを指定します。
一回まきまびしーくを終了して再起動。うまく音が出ました!

うまくまきまびは立ち上がるけど、マビノギ音源の音が出せないーっていう方は、
この記事の上の方の、「再起動しても、うまくマビノギ音源の音が出ないこともあって、」
っていう部分を、ご確認くださいね。

この方法を使って、古いDLSをゲットできるのは、今のうちだけだと思いますから、
ちょっとでもまきまびに興味がある方は、なるべく早く、ですねーー。


おまけ

下のSSは、以前使って保存しておいた、マビノギクライアントのインストーラーと、
今日ダウンロードしたものを、並べてみたものです。
あんまりこういう比較って、してみたことないですから、ご参考に掲載しておきますね。
上のは2010年9月、下のが2013年9月のものですね。3年でサイズが倍以上に!



スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みどりこさん

Author:みどりこさん
活動拠点:トリアナルエリサーバ
マビノギというゲームで演奏できる、MMLを掲載してます。オリジナル曲と、著作権フリーの曲のアレンジしか掲載してないですから、マビでの演奏自由です。

目標:オリジナル曲100曲掲載

みどりこさんのBBS
最新記事
最新コメント
Tree-LINK
最新トラックバック
カテゴリ
TPP (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。